これぱ!コスプレ・痛車コレクションinPartyのサイトはこちらです。

 

 

 

「軽自動車の中古車査定」TOP

 

日本は、世界から見ても非常に小さな島国で、もともと欧米人と比べても体格は小柄な傾向にあったため、古くから小型で小回りのきく軽自動車という車種が発達してきました。現在では、日本人と欧米人の背丈や体格にも殆ど差は無くなってきているので、軽自動車はより広い室内空間を求められるようになってきています。
軽自動車の魅力はいっぱいありますが、普通車両と比べた車検や重量税の安さなどは、年間を通して大きな節約になります。日本の狭い道路や家庭環境の中では、コンパクトで小回りのきく軽自動車は非常に便利です。普段車を利用する機会は、少し買い物や隣町に行く程度など、あまり頻繁に遠出をする機会も少ないでしょうから、駐車スペースをあまり取らずに燃費や各種費用の安い軽自動車を利用する人は年々増えていっています。
また、一昔前までの軽自動車では、普通自動車と比べると貧相であったり、パワーがなかったりと劣っている部分が多かったものですが、近年では多くの自動車メーカーがニーズに合わせて様々な軽自動車を販売するようになり、軽自動車が粗末で安っぽい作りの自動車という概念も払拭されてきています。
今回は、日本の国民が多く利用している軽自動車を手放す場合の中古車査定や下取りについて詳しく説明していこうと思います。
軽自動車のニーズが年々増えている事により、軽自動車の中古車市場も広がり、査定額も上がってきています。軽自動車だからといって売却する際はうまく考えて行動する事で、査定額を上げる事が出来ます。
自動車を売却・査定に出す前に、まずは下調べが欠かせません。インターネットの急速な普及から、多くの情報がインターネットを利用して確認する事ができます。インターネットを利用して簡単な査定をおこなう事や、愛車の現在の相場を調べたり、中古車販売店の口コミを調べるなどのお店選びにも利用できます。
このようなことを踏まえて、軽自動車の中古車査定について詳しく掘り下げていってみましょう。

「軽自動車の中古車査定」30項目

 

 

01軽自動車の基礎知識
01-01 軽自動車とは
01-02 軽自動車の誕生
01-03 ターボ付きの軽自動車
01-04 軽自動車の重量税
01-05 軽自動車の自動車保険

 

 

02中古車査定の基礎知識
02-01 中古車ディーラーとは
02-02 査定と下取りの違い
02-03 走行距離と年式
02-04 自動車保険の見直し
02-05 廃車や売却後に戻ってくる費用
02-06 ローンの残高が残っている場合の返済

 

 

03軽自動車の中古車査定のコツ
03-01 売りたい時が売り時
03-02 まずは下調べから始める
03-03 一括査定をする
03-04 買取店の口コミを調べる
03-05 訪問査定を依頼する
03-06 最低4社は見積もりに出す
03-07 見積もり額の有効期限
03-08 ディーラーで高く下取りしてもらうには
03-09 査定と下取りをうまく使い分ける
03-10 廃車・故障車の査定
03-11 お店選びの重要性

 

 

04中古車の査定前にしておけること
04-01 査定時の審査項目を把握しておく
04-02 車内清掃のポイント
04-03 車外清掃のポイント
04-04 車についた小キズの対策

 

 

05個人売買をする
05-01 友人・知人に売却するメリット
05-02 個人売買のデメリット
05-03 オークションで売るメリット
05-05 オークションのデメリット

売りたい時が売り時

軽自動車と言えども、現在では非常に多くの種類の車が販売されています。軽自動車の需要の高まりは中古車市場でも軽自動車の販売の幅を広げていますので、ご自身の愛車をいつ売りに出すかを考えた時に、単純に売りたいと思い立った時に売却するのが一番なのではないかと思います。実際、自動車は年式が古くなればなるほど査定額が低くなっていき、走行距離も大きく関係していることは、すでに説明しましたが、売るタイミングに慎重になりすぎて年式や走行距離が上がっていけば、それこそ査定額に響く事になりますので、ご自身の軽自動車は売りたいと思い立った時に売りに出すのが一番なのではないでしょうか。
軽自動車の車種によっては、人気のあるものとないものがあり、最近ではオープンカータイプの軽自動車もいくつかありますので、季節によって若干の査定額が変動する傾向にある事は確かかもしれませんが、日本は四季のある国ですので、オープンカータイプの軽自動車を冬に売却したとしても、数ヶ月すればすぐに夏はきます。夏がくればオープンカータイプの需要も高まりますので、季節や時期による査定額の変動は、ほとんどあってないようなものといってもいいでしょう。
さらに、近年ではネットでの中古車販売や全国規模の販売店も増えたため、その地域で売られたものが必ずその地域で使用されるとは限りません。オープンカータイプは、温暖な気候の地域へ、4WDタイプの自動車は積雪量の多い地域で販売する事なども可能なため、地域による査定額の影響もほとんどないと思っていいでしょう。売りたい時に売るのが一番ベストな方法と言えます。

まずは下調べから始める

では、実際にご自身の軽自動車を売却する前に、最低限しておきたい準備があります。何をする際にも言える事ですが、お金が関わってくる事には、必ず下調べをする事が、後悔をしない行動の第一歩ではないでしょうか。
現在では、インターネットが非常に普及しており、中古車販売店の各社も必ずと言っていいほど、インターネット上にホームページを持っている時代です。インターネット上から得られる情報や基礎知識は、今や多くの書店を回るよりも多くて手軽だと言えるでしょう。インターネット上で、現在自分が売却しようとしている車種がどれくらいの値段で取引をされているのかや、販売店の選別、中古車を査定に出す前に必要な事などをおおよそ確認する事ができるのではないでしょうか。
そのような様々なことを確認して、事前に知識を身につけておく事で失敗しない中古車の売買ができるのではないでしょうか。
インターネット上で一括査定や、販売店の口コミ、中古車を販売する前の有効な清掃方法や細かいキズの対策などの詳しい事を一つずつ順を追って確認していく事でより高額な査定を狙っていけるのではないでしょうか。
また、ご自身の軽自動車を査定に出すのか、下取りに出すのかについても、状況によってどちらの方が有利なのかをインターネット上のさまざまなサイトやツールを使って調べる事ができるのではないでしょうか。
まずは些細な事から少しずつ下調べをおこなっていってみてください。

一括査定をする

さて、インターネットでの簡単な下調べが済んだら、実際に一括査定をおこなってみましょう。一括査定は、全国に多数存在する中古車販売店の中から、ご自身の軽自動車を一括して査定してもらい、最も好条件を提示した業者を選別できるという非常に便利な機能です。インターネット上ではこうした一括査定サイトがかなりの数ありますので、一つのサイトだけではなく、複数のサイトを利用してみて、より好条件の提示してくれる買取業者に査定や買取を依頼してみてはいかがでしょうか。
一括査定サイトでは、簡単な情報入力のみで買取金額の大まかな概算を出してくれるもので、WEB上の見積もりのみに関しては、中古車買取業者のそれぞれのホームページで単独でおこなえますが、一括査定サイトでは、こうした複数の業者を一度に競合にかけられる事によっていちいち一つ一つの業者に作業を依頼する手間が省けて非常に効率的に各社の比較がおこなえます。
こうした一括査定サイトで出される見積もりは、あくまでも大まかな概算になりますが、お店選びをする上での一つの大きな基準になりますので是非とも売却前に利用しておくべきツールです。
このような一括査定をした後で、お店を厳選して実際に足を運ぶなり、訪問査定を依頼するといった方法がありますのでまずは中古車を売却する第一段階として一括査定サイトの利用をお勧めします。ぜひ試してみてください。

買取店の口コミを調べる

先ほどは、一括査定のお話について説明しましたが、一括査定サイトを利用する事でご自身の愛車の大まかな査定額がわかると思います。これによって気になった買取店をいくつかピックアップして、実際に消費者の口コミを調べてみるのもいいでしょう。
現在では、さまざまな商品やお店、契約事項などについての口コミが存在します。これらをうまく利用する事で、実際に利用した事のあるものしかわからないような重要なポイントが確認できるかと思います。たとえば、お店側の接客態度や、売却もしくは購入後のトラブルなど、利用してみなくては気がつかないような注意点を確認する事が出来ます。
もちろん、注意点のみではなく実際に利用してこんな部分が良かったなどのメリットについても確認する事が出来ます。口コミサイトはインターネット上に多く存在していますが、各社をランキング形式で紹介したものや、比較サイトなどさまざまな形式の口コミサイトがあります。口コミサイトの大きな特徴は、消費者の意見が多く記載されている部分で、大手のインターネット通販サイトなどでは、これらの口コミやレビューを業者側自らが意図的に記載している場合もありますので、このような口コミ系は、消費者のみならずしっかりと営業している良質な業者としてもメリットのあるものなのです。
口コミをうまく調べる事によって、より良いお店選びに役立つのではないでしょうか。是非とも、時間に余裕があれば、口コミサイトも確認してみていただければと思います。

訪問査定を依頼する

インターネット上で、ある程度の口コミや査定、相場などの確認が出来たら、実際に訪問査定を依頼してみましょう。というのも、インターネット上の一括査定というのは、あくまでも査定額の目安に過ぎません。インターネット上の項目入力だけでは確認できない部分も多いからです。ですので、一括査定サイトで、ある程度の業者が見えてきたら、今度は実際に中古車買取業者に足を運ぶか、訪問査定を依頼して詳細の査定額を出してもらう必要があります。通常、多くの場合は自動車を売却する場合に中古車買取店舗へ車ごと足を運ぶかもしれませんが、訪問査定では、そのような自らが足を運ぶ必要がなく、買取店の担当者が直接ご自宅に足を運んで査定をおこないます。たいていの場合はこの訪問査定は無料でおこなえますので利用するに越したことはないかと思います。
通常、中古車販売業者に足を運ぶ場合には、せっかく綺麗に清掃した愛車が道路状況によっては汚れてしまう場合がありますし、途中で交通事故に遭う可能性すら払いきれません。そのようなリスクや、複数の買取業者に足を運ぶ手間を省く方法として、この訪問査定は便利な方法です。
訪問査定は、中古車買取業者1社のみならず、必ず複数の業者に査定を依頼し、比較しましょう。一括査定での比較のみでは不十分なのは今までに説明してきた事柄で何となく理解いただけたかと思うのですが、実際の見積もりの段階でしっかりと複数の買取業者を比較する事が大切です。

最低4社は見積もりに出す

さて、これらの査定や下取りに関しては、最低でも4?5社程度を下取りに出して比較する事で、より条件のよい買取が期待できるのではないでしょうか。一括査定で好条件を得られた中古車業者を中心に訪問査定をおこなっていき、場合によっては直接店舗に足を運んで査定をしてもらう事で、それぞれの実際の買取額を比較できます。
同時に、事前に下調べをした相場や一括査定額、他社の訪問査定額などを引け合いに出して、査定額の交渉を持ちかける事も出来ます。中古車の販売価格は、どこの販売店でもだいたい同じような値段設定になっているかと思いますが、販売価格と査定額は違うので、査定額を上げてもらうように交渉をする事で、少し条件が良くなる事があります。査定や見積もりの時にもある程度の駆け引きは大切で、業者の提示するがままの料金で納得してしまうのは少し損な気もします。提示された査定額が少しでも上がらないか、交渉してみる価値は十分にあると思いますし、他社の査定額を引け合いに出す事でその可能性は大いに上がる事でしょう。
しかし、査定で提示された金額は、いつまでも有効ではないので、複数の業者の比較に時間をとられすぎてあまり長い間放置をしない方がいいかと思います。
中古車の査定に大切な事は、事前にしっかりと下調べをすることと、インターネット上の一括査定や、口コミサイトに相場検索など、活用できるツールはなるべく総動員して確認し、その上で、候補を絞った数社の訪問査定などをとって実際の査定額を比較するといった方法で進めていくのがベストなのではないかと思います。

見積もり額の有効期限

中古車買取業者に訪問査定を依頼したり、直接足を運んで見積もりをしてもらった際の査定額というのは有効期限があります。多くの買取店を比較しようとするあまり、最初に査定をしてもらってからそのまましばらくほったらかしにしていたりすると、有効期限が切れてその査定額が無効になってしまうので十分に注意が必要です。中古車販売業界では、頻繁に自動車のニーズや価値が変動します。その変化に合わせて査定額も多少なりとも変化していくのです。例えば、冬の降雪量の多い地域ではウインタースポーツやその他、一年中を通して4WD車の需要が高いのに加えてスポーツ系のパワフルな車が売れる時期になります。逆に、春には新社会人や学生のコンパクトタイプの車の需要が高まる事が予想されます。このような事を踏まえて、1ヶ月でも季節が変わると、自動車の値段は変動する事になります。
中古車買取店で査定をしてもらうと、査定額の有効期限がつけられます。この有効期限は、中古車買取業者によって違うため、一概には言えませんが、たいていは1?2週間程度が目安でしょう。
軽自動車を査定に出す際も、これらの期日や有効期限内で複数の業者を比較しないといけません。そのために、事前にインターネットなどで業者を古いにかけておく必要があるのです。そして、中古車買取業者で査定をした場合は、査定額に設けられた有効期限をしっかりと確認した上で他社との比較をしていくべきなのではないでしょうか。

 

ディーラーで高く下取りしてもらうには

 

中古車ディーラーで高く下取りしてもらうには、いろいろな条件があります。そもそも、下取りとは、販売店がおこなっている新たな商品を購入する事を前提とした買取の事です。その他の中古車買取店のように、査定をして買い取った中古車をそのまま売る目的での買取もありますが、下取りでは、必ずしも売り出す目的で買取をしていません。あくまでも消費者があらたな車を購入しやすくするための買取サービスというのが、ほんらいの下取りの位置づけです。
では、中古車ディーラーで高く下取りをしてもらうには、当然、その後に購入する車の金額などで変わってくるかと思います。下取りで買取してもらった金額というのは、ご自身の手元に戻ってくるというよりは、新たな車を購入するための資金として全てが新車購入の足しにされると考える方がいいかもしれません。ですので、購入する自動車によっては、現在の愛車がたとえ年式のすごく古い車種で通常の査定ではあまり額がつかないような中古車や、市場に多く出回っており人気の低い中古車などでもある程度高額で買い取ってくれるでしょう。
なので、現在の愛車を売却して、新たに車の購入を検討されている場合などは、ディーラーで下取りをするといいかもしれません。ディーラー店で自動車を購入すれば、例え中古車でも手厚いサポートと安心を得る事が出来ますので、そのような面も十分に評価すべき点でしょう。

 

査定と下取りをうまく使い分ける

 

さて、中古車ディーラーでの下取りの話や、中古車買取業者の一括査定、訪問査定などの話を既にしてきましたが、ご自身の状況とニーズに合わせてこれらの買取方法をうまく使い分けていくといいのではないでしょうか。
例えば、現在の愛車を売却して新たに自動車を購入しようと思っているが、新車は買えないので中古車でもしっかりと信頼のできるものを購入したいということであれば、中古車ディーラーで現在の愛車を下取りしてもらって、新たな車を購入すればいいでしょう。ディーラー店で自動車を購入すれば、安心ですし、さまざまな保障やサポートがついてきます。
逆に、愛車を売却して現金を多く手に入れたい場合や、新たに車を購入するのかしないのか、新車にするか中古車にするかがまだ決まっていないというような場合は、なるべく高く査定をしてくれる中古車買取店へ売却すればいいでしょう。基本的には、下取りよりも査定の方が高額で買い取ってもらえる場合が多いですが、下取りでも購入する車や売却する車によっては、査定よりも高い値段を付けてもらえます。例えば、査定ではあまり値段のつかないような古い車種や、不人気の車種などでも下取り店で新たな車を購入するのであれば、一定額をつけて買い取ってくれる場合があります。下取りは、必ずしも販売目的で中古車を買い取らないからです。
一般的に、下取りをしているディーラーでは、なるべく純正パーツや、正規品に近いものが高く評価され、その他の中古車買取店では、改造パーツやエアロなどの、ドレスアップやその車の持ち味が評価される傾向にあるようです。

 

廃車・故障車の査定

 

経年により愛車が故障してしまったり、動かなくなってしまった場合に廃車を検討されている方も多いでしょう。しかし、廃車にするのにもさまざまな費用がかかってくるのも事実です。廃車同然の車や故障している車だからといって、廃車手続きをするのは少し早いです。
廃車同然の車でも、故障車でも買い取ってくれる中古車買取店というものは存在します。はじめから、買い取ってもらうのは不可能だと思い込んで廃車手続きをしてしまうのは損です。そのような車でも買い取ってくれる業者がいるという事は、廃車手続きをして出費をする必要がなく、もっと言えば、買取額が受け取れるのです。本来、廃車にしてマイナスになるはずのものが、買取をしてもらってプラスになるのであればこれに越したことはないのではないでしょうか。
壊れている車でも買取をしてくれる理由は、日本の車の性能の高さにあります。エンジンやパーツ一つをとってみても品質やレベルが高いのです。そのため、大部分が壊れていて動かないとしても、パーツが再利用できれば、海外やパーツ専門店と取引ができるので実質廃車同然でもまだ十分に価値があるのです。海外の、安全基準の低い国などでは、まだ修理をすれば使えるからと、日本では事故や破損で安全基準を満たせなくなってしまった故障車などでも高額で買い取ってくれるところなどもあります。
まずは、このような廃車や故障車を買い取ってくれる店舗に掛け合ってみてください。そして、通常の中古車と同じようになるべくたくさん査定にかけてみてください。廃車専門の一括査定なども中にはありますので、利用してみるといいのではないでしょうか。

 

お店選びの重要性

 

ご自身の軽自動車を査定や下取りに出す時に、さまざまなケースや方法をご紹介してきましたが、ここで一番大事になってくるポイントはやはり「お店選び」ではないでしょうか。中古車を購入するにしても売却するにしても、公正な審査や販売をおこなっているシッカリとした中古車販売店を選ぶ事は重要です。
例えば、中古車を購入する時に、ちゃんとした査定をおこなっていなかったり、年式や修復歴を偽って販売していたとしても消費者にとってはほとんどそこらへんの事に気付く事ができまでん。質の悪い中古車を売ったらそれで終わりの中古車販売店や、無知な消費者から買い取るだけの買取店などには間違ってもお世話になりたくはないですよね。
お店選びをしっかりとするには、インターネットが欠かせません。例えば、全国チェーンではない地方の小さな中古車販売店があったとして、そのお店が公正なお店なのかを判断するには、消費者の生の声を聞くのが一番です。口コミサイトやレビューなどをしっかりと確認すれば、見えてくる部分も多いです。
また、中古車を購入する際に、例えすごく条件が良くて安い中古車が販売していたとしても、販売店が全国規模ではなく地方の小さなショップで、インターネットで調べても口コミやレビューが見当たらない、もしくは販売店のホームページすら見当たらないという場合は購入するのはやめておいた方がいいでしょう。今時のものを販売する販売店で、インターネット上にページがないお店というのも珍しいのではないでしょうか。
このようなしっかりとしたお店選びのもと、購入や売却をおこなっていきましょう。

更新履歴