中古車オークションについて

中古車オークションとは、中古車販売店やディーラーなど資格を持っている業者だけが参加できる車の市場のことをいいます。中古車販売店が販売する車の多くはオークションで落札した車です。元々中古車オークションは、中古車販売店やディーラーとの間で在庫のやり取りを行う場として生まれました。そのため、資格を持っている業者しか参加することができませんでした。また、中古車を扱う業者なら誰でも参加できるというわけではありません。中古車オークションに参加するためには審査を通らなければなりません。その審査も以前は簡単なものだったのですが、最近は現会員からの紹介や実績など厳しくなっています。審査を通ると車を出品したり、落札したりできます。出品や落札をするには、会場へ手数料を支払わなければなりません。この手数料は会場の利益となります。会場に支払う手数料は3つあります。まず1つ目は、車を出品するときに支払う出品料です。2つ目は、出品した車が落札されたときに支払う成約料です。これは出品者が支払うものです。3つ目は、車を落札した時に支払う落札料です。これは落札者が支払うものです。オークション会場では、出品された車が落札されることでこの3つの手数料を受け取ることができます。出品された車が売れなければ、成約料と落札料は受け取ることができないので、オークション会場としては車の成約率を上げることが重要となります。また、中古車オークションに出品された車は、プロの検査員によって査定されます。外装や内装の状態、事故車かどうかのチェック、走行距離改ざんの有無、汚れの確認、エンジン、電装品など各機能のチェックをして1台1台評価点が付けられます。中古車を評価する基準は、車がどのような状態かマイナスの部分はどこかということなどです。この基準は、オークション会社によっても違います。規定のクレーム期間中に落札した車に不具合があったときは、クレーム申請を出すことができます。内容によっては減額や返品などの措置が取られます。また、落札者は規定の期間内に名義変更の手続きを行わなければなりません。

 

エクセル記事

現在の中古車オークション

現在の車のオークション代行のメリット

オークション落札価格とは中古車店の仕入価格ということで、オークション落札代行では、中古車の仕入れ価格プラス手数料で購入できることとなります。あるお店は購入される場合、100万円の車であれば、乗り出し価格で20万円以上は一般中古車店よりも安いです。全国の中古車オークション91会場、毎週10万台の中から検索いたします。この会場の数に関しては、オークションの代行業者の中でもトップクラスです。オークションに出品される車は、オークション会場の検査員が傷、凹み、板金、交換箇所などをチェックしており、会員に公開しております。特に板金箇所、交換箇所は、通常の中古車店舗では、そうそう教えてもらう事が出来ませんが、オークション落札代行では事前に知る事が出来ます。USS東京、JAA葛西、JAAつくば、CAA東京等にお客様ご希望の車が出品された場合には、中古車査定士の資格を持つ実者を確認いたします。これまで何度も、オークション業者の検査員が気が付く事がなかった問題、不具合を発見したこともがあります。一般の中古車では当たり前の事ですが、絶対に教えてもらう事が出来ませんが、オークション落札代行では、落札価格を知る事が出来ます。こちらのお店は、オークションの会社が発行したオークションの計算書を客側に公開していて、万一お店が計算書を偽造した場合は、無期限で返品を受け付けます。名義変更手続きは、平日に休みが取れる方であれば、どなたでも簡単に行う事が出来ますが、一般の中古車店、一部のオークション代行店では、お客様が行う事を認めていません。この手数料は一般的には2万か4万もかかるため、名義変更の費用を削減する事が出来るという事は大きいです。

 

現在の中古車オークション

現在、中古車オークション会場では、ディーラー、中古車販売店、買取専門店の中古車業者が集り、互いの車の売買を行う業者専門の中古自動車専門のオークション会場で取引が行われています。中古車販売店同士が自社在庫や下取り車両を流通させる目的で当初は設立されましたが、今ではインターネットの普及と買取専門店の台頭によって、中古車オークション会場で売却、購入される車は年々増加しているのです。全国の約90%以上の中古車が、どこかの中古車のオークション会場を経由して売買されていて、個人の方が中古車販売店で購入、売却をする車や、ディーラーでの下取り、買取専門店で買取られた車のほとんどが、中古車オークション会場を経由しているのです。近年では、中古車のオークションでの取引金額が、業者取引の中古車価格の基準となっていて、中古車台数の増加に伴い、中古車オークション会場の数は増加する傾向にあります。最大手のUSS オークション、JAA オークション、CAA オークション、 TAAオークションといった大手会場から、地方の中小会場まで全国で100か所超の中古車のオークション会場で毎日開催されているのです。これからの時代は、中古車販売店で、車を買うより、オートオークションでの車の買い替えが増える傾向にあるようです。初めてオークションを利用する場合は、ネットでも、沢山の格安のオークション代行業者も増えているので、利用すると良いでしょう。

 

中古車オークションで車を購入したい方必見の方法とは

中古車オークションは、プロ業者専用の流通市場です。この中古車オークションは誰しも参加できるものではなく、参加資格を持つ業者のみが出品や入札を行えるものです。この中古車オークションでは現在、週に12万台以上が取引されており、この数は、中古車市場の7割を占めています。中古車オークションの主催企業はには、USS,JAA,HAAがあり、いずれも上場企業です。この中古車市場で車を買うことができたら、驚くほど安く購入できるのにと思われる方もいらっしゃるでしょう。そこで、中古車オークション代行を行っている業者がありますので、利用を検討されてはいかがでしょうか。まず、車両価格ですが、仕入れ価格と手数料で購入することができます。一般的に中古車販売店で購入する際には、仕入れ価格に、広告費や販売管理費、販売店の利益が上乗せされていますから、中古車オークションでの購入が安くなるわけです。車の状態やメーターの改ざん、事故歴のチェックなどもプロの検査員の目が光る中行われる、中古車オークションのほうが、信頼性は厚いのです。気を付けたいのが購入にかかる経費です。陸送料、車庫証明、名義変更料などの車両価格以外にかかる費用について、また万が一のキャンセル料について、しっかりと把握しておきましょう。そして購入した車の保証の有無、保証がない場合には有料で保証がつけられるかを確認しておくことも大切です。代行業者により、中古車オークションの利用が間接的に可能になった現在ですが、その仕組みをしっかりと理解した上で利用しましょう。

 

中古車オークションの過去現在未来

何十年も前は車は貴重品、贅沢品という時代でした。その為、車は乗りつぶすものという考えがあり、中古車はほとんどが古い車でした。その為中古車オークションをおこなってもただ古い車を売りさばくだけにしか過ぎなかったと言います。しかし、現在の中古車オークションは違います。車をわずか三年に買い替える人(車検前に買い替える人)、なんとなく別の車が欲しくなった人、ファッションの一部と考えすぐに新しい車が欲しくなってしまう人等が増えて、まだまだ新車と言ってもいいほど綺麗な中古車も取引されるようになりました。私のように庶民にはうらやましいかぎりのお話です。そうなれば、中古車オークションも活気が違います。人気車種をどうにか競り落とそうと業者は試行錯誤します。そうして今のような中古車オークションが完成したのです。オークションは誰でも参加出来るという訳ではなく、オークション会場入るには参加資格が必要となってきます。参加資格は車買取のプロ業者だけで、出品や入札に参加し取引を行ないます。オークションでは、数か月の価格相場を参考に落札をおこないますので、極端に高かったり安かったりせず業者間売買の適正金額になるわけです。セリがスタートし、出品側が希望している金額を上回ればその最後に値段を決めた業者の落札となるわけです。このようにして中古車オークションをおこなっているそうです。今後は一般人も簡単にオークションに参加して売買取引をできるようになるのではないでしょうか。

 

最近の中古車オークション

今や中古車オークションは中古車業界に欠かせないものになりました。そもそも中古車オークションとは中古車屋同士が在庫のやり取りをする場でした。ですから一般ユーザーは参加することができませんでしたが、中古車オークション代行業務などを通せば間接的に参加できるようになりました。中古車業者なら誰でも参加できるわけではなく、会員にならなくては参加する事ができないのです。会員になるためには、各オークション会場の審査を受けなければいけません。以前は形式的な簡単なものでしたが、最近は会員からの推薦や事務所や店舗の申請が必要など厳しいものになっています。中古車オークションは大きく3つに分けられます。中小の中古車販売店の業界団体が運営する「中販連系(JU系)」、メーカー系のディーラーが運営している「メーカーディーラー系」、独立した資本が運営する「中古車オークション専業者」です。以前は中古車オークションといえば、中販連系が主流でしたが、現在は中古車専業者の民間のオークションが主流になっています。民間のオークションの特徴は、お客様から買取った車がすぐにオークションに出品されるため、商品が新しいといった利点があります。全国に支店がある企業が運営するオークションは市場も大きく商品も多いので探している車がみつかりやすいのです。また、民間のオークションは横のつながりが広いため、1つのオークションの会員になるだけで、提携先の複数社のオークションに参加することができるなど、会員の利便性も進んでいます。最近の会場だけでなく、インターネットを利用してせりに参加することもでき、オークションの機械化も進んでいます。

更新履歴