中古車市場のオークション

通常の自動車の中古車オークションは、オークション会場の参加資格を持っているプロ業者だけが、出品や入札に参加し取引を行ないます。中古車オークションでは車の状態、細かいオプションまで見て、数か月の価格相場を参考に落札をおこないますので、極端に高かったり安かったりせず業者間売買の適正金額になるわけです。では、中古車オークションの流れを簡単に説明しましょう。まず、出品車両の持ち込みをおこないます。その時に車名、グレード、年式、色、走行距離、出品店からのアピールポイントなどを書き込んだ出品票と呼ばれるものを車内の見えるところに置きます。人間で言うと病院の問診票のようなものですね。次に車両検査をおこないます。中古車オークション会場にいる検査員が走行距離を改ざんしていないか、車体のキズやへこみの確認、エンジンのオイル漏れなど、中古車買取査定と同じようにチェックをおこないます。その結果を先程の出品票に追加記載します。出品票の記入がすべて終わると出品番号が決まりいよいよセリの準備になります。出品番号が決まると車体の写真を撮りインターネットで画像を見ることもできます。また、下見をすることも可能です。ただし出品車の運転は不可能だそうです。その後はいよいよセリがスタートし、出品側が希望している金額を上回ればその最後に値段を決めた業者の落札となるわけです。このようにして中古車オークションをおこなっているそうです。

中古車のオークションとは?

中古車屋さんに並べられている沢山の車。その殆どは中古車オークションを介して取引されたものです。今や中古車の流通には欠かせないものですが、どのようなものか知っていますか?中古車オークションとは、参加資格を持った業者が参加できる中古車のオークションです。私たち一般の人間は直接参加することが出来ません。ですが、参加資格を持った中古車のオークションの代行会社等を通して間接的に参加することはできます。中古オークションは簡単にいうとディーラーや中古車販売店、中古買取業者が参加する車の卸売市場のようなものです。元々、中古車オークションは中古車販売店や、ディーラー間で在庫のやり取りをする役割がありました。そのために、一般ユーザーは参加できなかったのです。中古車オークションは業者なら誰でも参加できるわけではなく、会員にならなくては参加できません。会員になるのにも各オークションの審査があり、それに通過しなければなりません。その審査も、以前は簡単なものでしたが、最近では現会員からの紹介や店舗の申請が必要など、厳しいものになっています。中古車オークションには運営するところによって大きく3つに分けられます。中小の中古車販売業者が運営するもの、メーカーやディーラーが運営するもの、独立した資本が経営するものです。最近は独立した資本が経営するオークションが主流で、オークション専業者は機械化も進んでいて実際の会場だけでなく、インターネットなどを通じて競りに参加できるようになっています。店頭で見るよりはるかに豊富な種類から選べる中古車オークション。車の購入を考えている方はぜひ活用してみるといいのではないでしょうか。

中古車オークション2つの方法

中古車のオークションは大きく分けると2つに分類されます。一つ目は全国各地100か以上で行われる中古車を扱う業者が登録をすることによって取引が可能となる業者間オークションと呼ばれるものです。業者間オークションは中古車買取業者が買い取った車を競りにかけて業者価格でそれを売却したり、中古車販売店が競り落とした中古車を小売するため買い取ったりするシステムとなります。あらかじめ顧客から注文を受けた車を希望に沿った線で探し出す中古車販売業者も多く見受けられます。業者間オークションに加盟するためには加盟料が必要となり、会員となるための条件は古物商許可証をもらって1年以上であることや、実際に営業活動を行っていること、連帯保証人が居ることなどです。しかし、加盟登録はオークション会場別に行わなければなりませんので、多くのオークション会場を利用したい業者は加盟金を何か所分も支払わなければなりません。最近は、この加盟に際する審査が非常に厳しくなっているとの情報も有ります。二つ目の中古車オークションは一般個人も利用が可能なyahooオークションなどです。サイトを覗いて見ると様々な車種の車が取り揃えて有ります。画像や補足情報などの詳細が事細かに記載されたものも有り、様々な疑問に対する受け答えが簡単にできるシステムにもなっています。また個人だけではなく、中古車販売業者も出品しています。個人売買となるこのようなオークションはリスクも想定されることが多く、その利用には充分な車の知識や、取引上の注意が必要とされます。

中古車オークションとは

新車購入のために、大切に乗ってきた愛車を手放す方法として、下取りに出す方法と売りに出す方法があります。どちらの方法をとったとしてもその中古車のすべてはオークションにかけられ次の所有者のもとに買いとられていくのです。その中古車オークションとは業者向けに行われている中古車の取引のことです。そして、そこは誰でも入れるわけではなく資格を持った業者だけが取引できる特別な場所です。そして再びそこへ中古車の販売業者等が、出品された中古自動車を競り落として、新たなユーザーへ販売するのです。この業者というのも単純に販売業を行っている人たちを指すかというとそうではなく、推薦状などを持ち様々な規定をクリアした業者だけに限られています。中古車販売店、ディーラーの中古車部門、輸出業者、オークション代行店などがほとんどです。また、オークション会場には警察の許可が義務づけられています。日本で出回っている多くの中古車はこのオークションを経由して新たなユーザーへと売られていきます。そしてここで、日本にて登録されている中古自動車のデータベースを活用していて、事故歴や走行距離などの中古車としての査定に影響する事項のすべてが管理されているのです。中古車のオークションには、全国で何個かの会場があり、車の状態はもちろんのこと、細かいオプションの価値までを含め、プロの業者の数か月の相場を参考に落札しますので業者間売買の適正価格になるのです。

中古車オークションとは中古車流通市場です

中古車オークションとは、中古車のプロである業者専用の中古車流通市場です。一般に知られているインターネットオークションなどとは違い、参加資格を持った業者だけがオークションに参加できます。中古車オークションでは、車体の状態は当然として、オプション装備の価値なども含めて、相場動向を見極めながらプロの眼で鑑定して落札しますので適正価格になります。 中古車オークションを主催する企業は、一般の購入者とのつながりは薄いためテレビのコマーシャル等で見かけることはありません。しかし、社会的に信頼のある上場企業が主催しています。中古車オークションの出品から落札までの流れとして、まずは、出品車両の持ち込みから始まります。次に、オークション主催者による車両検査、出品番号の決定、出品ヤードへの移動、下見などの準備が行われ、その後、セリが開始されます。購入希望者は、セリの状況を端末画面で確認しながら、オークション端末の入札ボタンを押すことで入札します。そして、出品者側が決めた希望売却金額を上回ると最高値を入札した業者がその車を落札します。もしも、出品者側の売却希望価格にまで入札価格が達しない場合には流札となります。出品者は、次回のオークションに再出品をするか、あきらめて車をオークション会場から引き上げるかどうかを決めます。落札された場合は、各オークショ会場の規定にのっとり、出品店は、所定の手続きを行い車両代金を受け取ります。落札店は落札代金を支払い、車両と書類などを受け取ります。落札店は、規定の期間内に名義変更を完了します。名義変更完了により、この中古車オークション手続きは完了になります。

中古車オークションの特徴

中古車買取店で売却した車、ディーラーで下取りに出した車は、中古車オークションにかけられます。これは個人のオークションとは異なり、プロ業者専用の流通市場です。だれでも参加できるわけではなく、オークション会場の参加資格を持った業者のみが参加し、入札できる仕組みになっています。国内の7割以上の中古車がオークションを経由しています。この中古車オークションでは中古車の状態や付属するオプションなどの価値も含めて、プロが数か月の相場表をもとに落札します。オークション会場での流れはまず、会場に中古車を搬入し、出品票に、車種名、グレード、走行距離、車検年月日、出品者のアピールポイントを記入し、ダッシュボード上に置きます。そして、オークション会場の検査員により、再び走行距離や修理歴、へこみなどを検査されて、出品票に追記されます。そして出品番号が決められ、出品車スペースに移動します。出品者スペースでは希望者はエンジンをかけ、電装品を動かすことができます。これを現車下見と言います。この現車下見では車を動かすことはできません。購入したい車が決まったら、セリに参加します。セリがスタートしたら、入札ボタンをおしていきます。一回ボタンを押すごとに3000円、5000円単位で価格が上がっていきます。売却側の希望価格より上回り、最終応札した業者がその車を落札できます。落札が決まった車は、出品側が名義変更用の書類を提出し、落札金額を受け取ります。落札店は期限内に名義変更を行い、オークション手続きが完了となるのです。このオークションではクレーム期間を設け、クレーム申請もできますので、安心して売買ができるのです。

中古車オークションとは

中古車のオークションについて説明します。中古車とは、購入されるなり、レンタルされるなりして利用された車が売りに出されたり、再購入されたものをいいます。新車の登録手続きが済んだらもう中古車となります。新古車といわれる、全く使用されていない車も登録されているので中古車での取り扱いになります。この、中古車ですが新車のように価格が決まっていません。なぜなら、同じ状態や仕様の車は二台とないのです。そこで価値や価格をつけるためにオークションといわれる市場が発展しました。60年代までは、中古車流通の仕組みが整っていないことやディーラーがあまり力を注いでいなかったこともあり中古車は価値があるという扱いではあまりありませんでした。しかし、70年代になると業者間取引がオークション形式で行われるようになります。さらに、80年代に入るとオークション業者も登場し、大規模なオークションやインターネットを活用したネットオークションが行われるようになりました。オークションにより、中古車市場は安定したのです。現在までには大口の売却が可能になったこともあり、新しい業務形態として「中古車買取専門店」も登場しています。そして、仕入れも安定したこともあり、特定の車種のみを集める等といった特徴を持った販売業者も増えることとなりました。実際、新車から中古車へ需要がシフトしたことなどもあり、中古車市場は拡大してきましたし、オークションはそのために大きな役割を果たしているといえます。