情報見極めのコツ熟知で中古車オークションの達人になろう

中古車オークションで有名なものの一つはyahooオークションです。車を買いたい方、売りたい方が、個人で入札をしたり、出品が可能なサイトとなっています。個人だけでなく中古車を売る販売店もその中には含まれていることが判ります。さて、車買取を利用して売りたい自分の車を査定見積りしてみるとガッカリするほどの安価を提示されたりすることが有ります。それではどうしてもあきらめられない、自分の愛車にそれ以上の価値を見出しているオーナーさんは、このyahooオークションなどの利用を考えるかもしれません。車の個人売買は素人がするにはリスクが高すぎるとの不安の声も多く聞きますが、トラブル回避の策はシステム側でもたくさん取られている様子です。出品者側のオークション利用履歴や、その評価は大いに役立つ情報となります。見ず知らずの人と金銭のやり取りをするわけですから、最低限の信用度に関する情報は欲しいと言うのがユーザーの本音でしょう。また中古車オークションは現車の確認が難しい状況も有り得ます。遠く離れた地域から出品された中古車をわざわざ見に行くことは難しいのです。車両情報や画像を出来る限り細かいところまで開示してくれる出品者は信用度がアップすること間違いなしです。そして中古車オークションを利用して車を購入しようとする方は、入札の前に様々な不安を解消するべく多くの質問を出品者にするべきです。そのやり取りの中から出品者の人柄などを知ることも可能となるからです。中古車オークションはその情報を熟知することと見極めのコツを覚えれば個人でも恐れるには及ばない便利なシステムだと言えるのです

中古車オークションとはどんなもの

中古車オークションはカーオークションとも呼ばれ、プロの業者だけが参加することのできる市場です。誰もが気軽に参加できるオークションとは違い、参加資格のある業者が集まり出品と入札を行います。中古車はプロの業者達の手に渡ると、オークションが行われる会場に搬入されます。ミスが無いように注意しながら、出品表に記入し提示します。記載内容は、私達も購入の際気を付けることです。車種、年式、走行距離、グレード、車検等大事なことばかりです。次に、検査員の出番になります。車内や外装、修復歴等厳しく点検。各機能もしっかりしているかもチェックし、評価点数が付けられるのです。それを、今度はブロックに分け出品者スペースに整理します。修復歴のある車のグループ。まだ一人しか所有したことのない車のグループ等、それぞれを分けてまとめておきます。その車に興味がある業者は、実際にエンジンをかけて確かめることも可能です。現車下見と呼ばれる行為です。そして、いよいよセリに入ります。集められた中古車はこのようにして、最終応札された業者の元に行くのです。落札後は、名義変更等様々な手続きが行われ、完了と同時にこのオークションが完了したことになります。中古車オークションは、私達の身近な存在ではありませんので、よく知らない方がほとんどだと思います。このオークションの主催者は、信頼されている企業ばかり。できるならこのオークション、見学だけでも構わないので見てみたいものですね。

中古車オークションとは

中古車を売りに出すときの手順は、いくつかあります。新車購入のために、今の車を下取りに出す方法。中古車購入のために、中古車販売へ下取りに出す方法。そして、中古車買取業者で現金化する方法とあります。どういう形であれ、この中古車たちはオークションへかけられます。中古車オークションとは、業者向けの中古車の取引所のことです。資格を持った業者だけが、出入りできる特別な取引所となっています。そこで、中古車販売業者などが、出品された中古車を競り落とし、新たなユーザーへ向けて販売するのです。ここでいう業者というのは、単純に販売業を行っているだけの業者ではありません。そのような業者は、中古車オークションへは参加できません。実績や提出書類、そして推薦状など色々な規定を超えた業者のみが参加できるのです。日本で出回っている中古車のほとんどが、この新しいユーザーへオークションを経由して渡っていきます。そして、中古車オークションでは、日本で登録済みの中古自動車のデータベースが活用されています。そこでは走行距離や事故歴など、中古車としての査定額に大きく影響する事項が、全て管理されています。中古車オークションの運営は、母体が3つに分かれています。日本中古自動車販売協会連合会が母体で、全国に会場があり会員数も多く、地域に根付いたもの。メーカーディーラーが母体のもの。民間で中古車オークションを専業にしているものなのです。

中古車オークションの情報について

こちらでは、中古車オークション代行のご案内をしています。中古車オークションには、ご存知だと思いますが、業者しか参加できません。
業者のみの卸売市場なので、一般の方が参加することができないのです。しかし、消費者の立場からみれば、中古車を安く買いたいのは当然のことで、もし中古車オークションで直接買うことができたなら、それはすごく魅力的なことでしょう。中古車オークション代行は、その間を取り持つ業者です。オークション代行業者は、一般の店頭で販売する業者とは違い、基本的に在庫を持っていないのです。最近はインターネットによって、オークションに出品されている車を事前に確認することができるのです。オークション代行業者は、お客様に店頭でオークションに出品されている自動車を見せて、お客様の探している車を見つけるのです。インターネット上で、出品されている車の写真、プロの検査員が査定した出品票を見ることができるので、それを見てその車の良し悪しを判断してから購入するかどうか決めるのです。しかし、良いことだけという訳ではないので注意が必要です。オークション代行業者に依頼する場合は、いくつかの選択肢を考えて、価格の上限をきちんと決めておき、もしくはそういう価格についてのアドバイスをしてくれる業者に依頼するようにしましょう。オークション代行で安く買うはずが、予定額より高くなってしまったということがないよう注意を心がけましょう。

中古車オークション代行の情報

中古車オークションに出品される車は、中古車買取り専門店が買取った車や新車ディーラーが下取りした車、中古車販売店で売れ残った車やオークション代行店が出品する車等が主です。落札する業者は、中古車販売店やディーラーの中古車部門、中古車海外輸出業者やオークション代行店等が主です。中古車オークションでは、様々な問題も発生します。例えば、実際に下見をすると実車の状態と評価点が著しく違う事が有ります。又、検査員の個人差と言える程度では無く、特定の出品店を贔屓しているとしか思えない様な納得出来ない評価を受けている車両が有る事も頻繁に有ります。提示されている距離数と実車の状態が著しく異なる事も有ります。オークションに出品される車は、全車が走行メーター管理システムによりチェックされます。しかし、そのチェック方法は出品車両の過去のオークション出品データを照会して距離数に矛盾が無いかをチェックするだけなので、過去の出品履歴が無ければチェックできません。従って、走行距離と実車の状態が相応かどうかで判断するしか方法が有りません。エアコン不良、エンジン異音、大量のオイル漏れ等を申告せずに出品する業者も残念ながら多いです。検査員により、きちんとチェックされる場合も有りますが、チェックが適正にされない場合も多々有ります。ですから、オークション業務に精通した信頼できるオークション代行業者に依頼する事がとても重要な事になります。