知って○得!中古車オークション

中古車オークション会場に潜入してみましょう。中古車オークション会場は、全国にたくさんあります。その中であなたの欲しい車をより安く買えるオークション会場を探してみませんか?どこよりも安く買えることが中古車オークションで車を手に入れる醍醐味かもしれません。中古車店より購入するより数十万円も安く購入できるチャンスがあります。どうして安く購入できるのか?それは中古車オークションという仕組みにあります。まず、在庫を一切抱えないということ。オークションに出されれば必ず値段が付き、落札されます。したがって、在庫を抱えた場合のメンテナンス料や倉庫などの経費がかからない分、安く販売できます。またオークションという性格上、展示スペースが必要ないため、その分落札いただいた方に安くお譲りすることができます。また、インターネットオークションのため極力人件費を省くことができます。中古車販売業者から購入すると名義変更や整備、納車など業者が行うのでその分代金に上乗せされますが、これらを自分で行うことによってさらに安く購入することができるのです。意外と知られていないのですが名義変更するだけで手数料やもろもろで30000円前後の費用がとられているのです。インターネットなので画面だけで不安と思われる方も多いと思いますが、2-3000円の手数料を支払えば車の細かいところまでチェックしてくれるサービスもあります。自分の希望する価格で自分が欲しい車を買えるチャンス!あなたも参加してみませんか?

中古車オークションの特徴について

中古車オークション(オートオークション、カーオークション)は、ヤフーオークションに代表される、いわゆる個人オークションとは異なり、オークションの参加資格を持ったプロ業者だけが参加できる流通市場です。毎週12万台以上が取引されており、国内の中古車の流通のおよそ7割もが、オークションを経由しています。中古車オークションには、日本中古自動車販売協会連合会を母体としたものや、、メーカー系、中古車専門業者系があり、それぞれに特徴があります。日本中古自動車販売協会連合会を母体とした中古車オークションは、全国に会場があり、会員数が多いことが特徴です。昔ながらの地域密着型の運営ですが設備や運営方法に出遅れ感があり、地域によっては出品台数が集まらず、オークション自体の衰退も目立っているのが現状です。メーカー・ディーラー系中古車オークション会場は、例えばトヨタのオークションにはトヨタのディーラーからの出品が多く、古車オークションに参加する会員も、メーカー系ディーラーが多いため、一般的に成約率が高くなっています。最後の中古車オークション専業者は、上場している会社もあり、メインの東京会場はまさに日本一の中古車オークション会場となっています。オークションの会場同士の横の繋がりに関しても広く、一つのオークション会場の会員になると、提携先の複数社のオークション会場にも参加できるなど、会員の利便性も富んでいます。今もっとも中古車オークションの中で活躍していているのが、この専業者によるオークションといえます。

中古車オークションの特徴

日本で流通している中古車の90%以上は、オークションを経由しています。この中古車オークションとは、中古車の業者間の取引会場のことです。会場は全国に150近くあり、小規模なものから大規模なものまでそれぞれ存在します。車の買取相場は、このオークションでの相場を基に、各々の買取業者が決めます。中古車オークション会場では、日々、買取られた車が取引きされます。競争入札で車は落札され、その落札結果でオークション相場が決まります。また、中古車オークション会場に入れるのは、業者のみで取引きの規定も厳しいです。メーター交換、事故車、修復歴はすぐに見破られます。経済産業省からの働きかけで、走行メーター管理システムが設定されており、それに基づいて、日本オートオークション協議会が走行距離の一元化を実現させました。過去にオークションに出品された車の走行距離をデータ化したのです。もし、メーターを査定前に交換して、過去のデータが不明であると、このシステムから中古車自体がはじかれます。そのためメーター交換がばれるという仕組みで、安全に取引きをできる可能性が高いのです。最近では、インターネットの普及によって、様々なサービスがあります。車の買換えを考えていて新しい車を購入したいなど、いま所有している車を少しでも高く売りたいなら、インターネットの一括査定を利用することをお勧めします。できる限り多くの情報を得ることで、自分の車の買取相場を知ることができます。

中古車オークションの歴史と特徴

中古車オークションとは、自動車販売や買取業者が、商いの為に自動車を売り買いする、会員制の自動車競り市場です。日本で最初の中古車オークションは、トヨタ中古自動車販売株式会社が、昭和42年に開催した、「第一回トヨタ中古車オークション」で、手セリ方式でのオークションが開催されました。昭和60年にはオークション会場に車両を持ち込まず、出品車両のデータや画像を集めて、専用端末でオークションを開催するTVオークション(画像出品)が普及してきました。1971年には現ジェイ・エー・エーの母体団体、日本オートオークション協会が常設オークションの発足を願っている、中古車の販売業者の有志達による共同出資によって発足します。店頭の在庫車両を、店頭に置いておきながらにしてオークションに出品出来る、画像オークションの形態をオークネットが世界に先駆けて、「中古車TVオークション」として、画像出品方式を昭和60年に日本で初めて行われた以降、同業他社も同様な形態で追従していきました。現在の中古車オークション会場(USS流通会場)セリは4レーン、入札席には、検索端末や商談機能などが付いたG-AISシステムが導入されています。それぞれのオークション会場では、加盟会員数の増加に伴い、それに比例して出品台数が多くなっています。この問題を解決する為、レーン数を増やし、処理能力の向上を狙う会場作りがされています。現在、日本国内で最多レーンを誇るのは、業界最大手USSの東京会場の10レーンです。

中古車オークションの起源

まさに、日本は車社会ですね。現在のように中古車市場が大きくなった理由の一つに、オークション形式が取り入れられたことがあげられます。それまで、乗らなくなった車は下取りに出すのが主流でした。下取りに出して新しく車を購入する。多くの人が行っていた方法です。しかし、今は違いますね。車を手放す際、どのような方法で車を処分するのか自由に選べます。下取りに向いていると言われるのが、国産のセダンタイプの車。又、中古車買取専門店など、中古車を扱う業者に買取ってもらう方が得をする場合もあります。このように下取り以外の方法が選べるようになったのは、中古車オークションの存在が大きいと言われます。買取った車をオークションを通して業者の間でやり取りすることができるようになった今。このシステムがあるおかげで、中古車を買う側も売る側もプラスになることが多くなったのです。このオークションですが、日本で初めて行われたのは、トヨタ中古車販売会社の第一回トヨタ中古車オークションであると言われています。昭和42年のこの中古車オークションが起源とのことです。当時は高度経済成長の時代。車の販売台数も増え、同時に車の下取りも増えた時代です。人々の生活水準のアップに伴い、マイカーを手に入れることも夢ではなくなりました。いつも時代も車を所有することは、人々の生活を豊かにし、夢を与えてくれますね。これからも素敵な車種がどんどん登場してくることでしょう。楽しみです。

中古車オークションとは

様々な商品が楽天・ヤフーなどのインターネットを通じてのオークションで販売されています。中古車も中古車オークションということで、一般の個人の人への販売ではなく中古車販売店などのプロ業者専用にオークション流通市場で中古車の販売がおこなわれています。このオークション会場には毎週12万台以上が取引されています。この台数は国内の中古車流通の約7割がオークション経由で販売されていることがわかります。では、一般にはあまり馴染みのない中古車オークションはどのように行われているかというと、いくつかの検査をしたうえで行われています。まず、最初に出品車両をオークション会場に搬入します。その際には出品票という車の車名・グレード・年式・走行距離・車検年月日・アピールを記入します。注意してほしいのが正確に記入しないとクレーム対象になるので注意しましょう。その後。オークション会場では、検査員が車両の修復歴・走行距離・内外装のキズ・汚れの確認、エンジン・電装品などの確認を行います。検査後、出品票に中古車の車両の評価基準による評価点数がつけられます。次に出品車の出品車の出品車番号がつけられ、出品車スペースに置きます。その後、車を希望する業者による下見が行われます。下見では、ただ見るだけでなくエンジンをかけて状態を確認します。この下見後にセリが行われます。その後落札された場合は、車両の名義変更・車両の代金を支払います。個人ではこのようなことはできないので中古車買取業者に買取してもらうのがかんhたんでお勧めします。

中古車オークションの相場について

中古車オークションについて聞いたことはありますか?中古車オークションにおいて出品する人とは中古車買取業者であり、競り落とすのは中古車販売業者です。そして中古車販売業者は競り落とした金額に利益分を乗せてその車を売ることで利益を得ているのです。またこのオークションによりその車の基本価格がつけられるのです。ですから、この仕組みにより販売店の価格とは中間マージンを上乗せしたものなのです。よって、車を売り買いする場合どちらの場合でも所有者が直接オークションに参加する方が得なのです。その価格はきっと販売店で買うより安いでしょうし、買取店に買取ってもらうよりは確実に高いのです。では、このオークションに参加するにはどうしたらいいと思いますか?基本的にはオークションには会員のみしか参加することはできません。ですから、個人で参加を希望される場合はオークション代行業者に依頼することになります。ではどういった代行業者にお願いすればいいでしょうか?まず代行業者と一口に言っても、手数料や相場などでかなり異なりがあります。ですから参加したい場合には原価表と手数料を公表している大手の代行業者を比較するのが一番いいかと思います。またこの代行業者に依頼した場合、手数料は車落札価格の5%前後プラス、出品代や輸送費で2〜3万円かかるのが相場となります。しかしそれを考慮してもやはり直接オークションに参加する方が得ですよね。中古車業者を利用するより数十万はお得になるそうですから一度利用してみてはいかかでしょうか?